知ってる〜?地層処分

Simple Site

放射性廃棄物とは

 放射性廃棄物は「高レベル放射性廃棄物」と「低レベル放射性廃棄物」に分類されます。その違いは放射線の高さだけでなく、廃棄の仕方まで異なります。また、低レベル廃棄物は種類、濃度、発生場所によって様々な種類に分類されます。放射性廃棄物の処理、処分にあたっては、これらの分類に応じて深さ、地層、場所を選び、トレンチ処分、浅地中処分、余裕深度処分、地層処分に分けて処分が行われます。一部の放射性廃棄物の浅地中処分は日本でもすでに実施されています。

放射性廃棄物の種類

○低レベル放射性廃棄物

・地層処分相当低レベル放射性廃棄物

長半減期の放射性廃棄物を含む放射性廃棄物。低レベル廃棄物に分類される。

・ウラン廃棄物

原子炉施設の運転に使用されるウラン燃料は、その原料となるウラン鉱石から、製錬、濃縮、成型加工などたくさんの工程を経て製造される。ウラン廃棄物とはウラン燃料を作る時に発生する低レベル放射性廃棄物である。

・発電所廃棄物

原子力発電所から出る廃棄物のうち放射性を含むもの。

高レベル放射性廃棄物

使用済燃料の再処理過程で再利用できないものとして残った放射能レベルの高い廃液をガラス固化体にしたもののことをいう。

高レベル放射性廃棄物は、放射性レベルが高いことを考慮してそれらがある程度減衰するまでの期間(少なくとも1000年間)、ガラス固化体が地下水と接触しないよう、オーバーパックと呼ばれる厚い金属製の容器に1体ずつ収納する。発熱量が多いため間隔を空けて処分する。これに対して、TRU廃棄物は相対的に、放射能レベルや発熱量が低く、処分直後の放射能レベルや発熱量が高レベル放射性廃棄物に比べると小さいため、断面が大きめの空洞にまとめて囲いに入れて埋める。

https://www.numo.or.jp/q_and_a/faq/faq100003.htmlより